外国人材と働くには

外国人材とのコミュニケーションのコツ

外国人材と一緒に仕事をすると、言葉だけでなく文化の違いにより、すれ違いが起きがちです。文化の違いはどちらが正しいというものではなく、日本には日本の文化があり、外国には外国の文化があるというだけのことです。
外国人材と仕事をするときは、自分や日本の常識と違うことが起こっても、相手を責める前に文化や慣習の違いが原因である可能性を想定するのが良いでしょう。例えば、「急いで」とお願いした業務ができていないのは、外国人材が怠惰なのではなく、「急いで」の解釈が今日中なのか、今週中なのかで違うからなのかもしれません。
外国人材とのコミュニケーションは、文化の違いがあることを前提にそれをどう前向きに乗り越えていくかがポイントとなります。

国ごとの特徴

日本での生活

外国人材が日本の企業や地域に定着するためには、母国との文化や習慣の違いを理解したうえで日本での生活に慣れていただく必要があります。実際に日本で就労し、生活している方の本音をもとに、日本での生活で戸惑いがちなポイントをまとめたコンテンツを用意いたしました。外国人材の方へご紹介ください。